見学・無料体験のご案内

見学・無料体験のご案内Taiken

「明るく」「楽しく」「元気よく」が目標です。
伝統の武道で、体力の向上は勿論、「礼儀」「ルール」「マナー」「集中力」「忍耐力」が自然と身に付きます。


体験の流れ

Step.1

お問い合わせ

ホームページのお問い合わせフォームから、ご希望の道場など、必要事項記入していただくとスムーズです。


Step.2

日程の相談

道場によって、稽古時間、曜日が異なるので、相談の上で決定します。


Step.3

体験稽古

当日は、10分前くらいに来ていただきます。飲み物、タオル、運動しやすい服装を、忘れないように!


Step.4

ご質問、入会の検討

体験終了後、ご質問ご相談等、お気軽に聞いてください。そのまま入会する事も可能です。

「初めての空手・・・」「今までとは違う場所での稽古・・・」など、
初めて体験稽古受けるお子様は、道場の緊張感、雰囲気にすぐには馴染めないかもしれません。
ですが、虎道会の道場にいる先輩方も、最初は皆、そうでしたので大丈夫です。
皆、空手を始めたきっかけはそれぞれです。「なかなか前に出れなかったお子さんが、自分から前に出れるようになった」「運動不足解消で!」「体力が付いて来て、活発になった」「いじめられていたけど、空手を始めて心も体も強くなれた」など、沢山の嬉しい声を聞きます。
不安に思う事など、なんでも指導員にご相談ください!

体験稽古に必要なもの
*飲み物 ・・・お茶、お水、スポーツ飲料(炭酸飲料などのジュースは禁止です)
*タオル・・・特に夏場は汗だくになります。(基本冷暖房は使用しませんが、夏場の猛暑時のみ、扇風機、冷房を使用いたします。)
*服装・・・体操着、ジャージ等、動きやすい服装で。道着をお持ちの方は、持参してください。


基本的な稽古の流れ

基本的な稽古の流れ

  1. 挨拶
  2. その場基本
  3. 移動基本
  4. 基本の型
  5. 応用の型
  6. 基本組手
  7. 組手の応用
  8. 挨拶

始まりの挨拶からはじまり、簡単な「その場の基本」の練習を行い、基本の型、基本の組手と進みます。上級者は、型の応用、組手の応用の練習に入っていきます。
途中、水分休憩を取ります。お手洗いは基本、稽古の前に済ませるか、終わった後に行くようにします。

画像 画像
トップへ